食中毒防止!保冷剤ケース付きランチベルト


ふりーコンテンツ.こむ

夏の保育園・幼稚園のお弁当には保冷剤入れ付きランチベルトが食中毒対策に便利

季節は移り変わり気温も湿度も高い日が多くなってきました。そんな梅雨時期から気を付けなければいけないのが食中毒です。

 

特に心配なのが、保育園や幼稚園のお弁当の日で食品の衛生面がとても気がかりです。

 

お弁当の場合、作ったらすぐ食べるわけでなく、数時間たってから食べるのでそれまでの間お弁当の中身が心配ですよね。
傷みやすく腐りずらいおかずは避けながら中に入れるおかずを考えたり何かと大変。

 

こんな話をしていたら、ママ友が「便利なものがあるよー」と私に教えてくれました。それが保冷剤ケース付きのランチベルトです。
フリマアプリでハンドメイド作品を購入したというので私も探してみました。

 

うちの子は女の子でディズニープリンセスが大好きなのでアリエルがかわいいこちらの商品を購入してみました。
アリエル保冷剤入れ付きランチベルト表
布製品なので汚してしまってもお洗濯することができます。

 

裏側はポケットになっていて保冷剤がちょうど入る大きさになっています。保冷剤の大きさはちょうどケーキ屋さんなんかでもらえるサイズです。
裏ポケット部分
ベルト部分はゴムなので取り外しも簡単です!

 

保冷剤を入れてもガーゼ生地(星柄の部分)が水分を吸収してくれるのでびちょびちょになることはありません。その他の生地は丈夫なオックス生地でした。
保冷剤部分のダブルガーゼ生地

 

次の日お弁当箱に付けて持って行かせたらお友達に「かわいいーいいなー」と言われたそうです。
お弁当箱×保冷剤入れ付きランチベルト
好き嫌いが多い娘ですが、この日ばかりは残さずにお弁当箱を持って帰ってきて嬉しいです!これが続くといいのですが…。

 

ただかわいいだけでなくお弁当の傷みも防いでくれるので前よりも安心してお弁当を持たせることができます。

 

保冷剤入れ付きランチベルトはフリマアプリで「ランチベルト 保冷剤」と検索すればHITします。

 

ランチベルトの販売者の中にはオーダー可能なハンドメイド作家の方もいるので、お気に入りのキャラクターや生地で製作してもらうのもありですよ。
私はとっても気に入ったのでもう1つ追加の製作をお願いをしちゃいました。私が購入した作家さんのところでは販売価格が950円(安い作家さんだと500円前後でも出品しています)なんですが、布代や製作の手間がかかるのに安すぎですよね。

 

以上、私のおすすめ品紹介でしたー。

 

【余談】
夫には冷凍牛丼の具を凍ったまま会社に持っていってもらうこともありますが、これが保冷剤代わり(白米の)になるし、手抜きできるしオススメ。
冷凍品なんですが、かなりおいしいです。愛妻弁当よりも吉野家の牛丼の方が喜ぶの夫が不快なくらい…。
吉野家の冷凍牛丼の具
関連:冷凍牛丼の具ランキング

 

とは言っても、毎日牛丼を食べさせるわけにはいかないので、大人のお弁当箱に対応した保冷剤入れ付きランチベルトもあるといいなー。

このエントリーをはてなブックマークに追加

先頭へ戻る