吉野家の味を再現調理 レシピあり


ふりーコンテンツ.こむ

【吉野家の牛丼再現レシピ】神の舌を持つ料理家が完全再現?材料・作り方付き

2017年9月12日放送のテレビ番組(雨上がりの「Aさんの話」~事情通に聞きました!~)で、吉野家の牛丼の味を再現する企画を録画しておいたので、実際に作ってみました。

 

再現レシピにトライしたのは神の舌を持つと言われる料理家の稲垣飛鳥さんです。
4年以上前(2013年4月24日放送のヒルナンデス)にも再現レシピの挑戦をしているみたいですが、本記事で紹介するものは、それよりも最新バージョン(レシピ内容が進化している)となります。

 

お家で吉野家の牛丼を再現して作りたいと思っている方は是非試してみてくださいね。

 

材料(2人前)

なるべく以下の材料通りに揃えてみてください。メーカー(番組内で使用されていたもの)までこだわって用意すれば尚良し。

牛バラ肉薄切り
(アメリカ産、赤身6:脂身4程度のお肉が好ましい)
牛バラ肉
150g
玉ねぎ 4分の1
めんつゆ 2倍濃縮
(ヤマキのめんつゆ)
ヤマキのめんつゆ
55cc
100cc
白ワイン 甘口
(サントリー デリカメゾンペット 白)
大さじ2
だしの素
(味の素 ほんだし)
味の素 ほんだし
小さじ1
みりん
(タカラ本みりん)
タカラ本みりん
大さじ1
黒砂糖
(白砂糖でも可、ハチミツは×)
黒砂糖
小さじ1
白米
(かために炊く)
適量
生姜
生姜
少々
紅生姜
紅生姜
お好み

※写真は3倍の分量です。

 

レシピ(吉野家の味 作り方)

このレシピは1人あたり150円程度で作ることができます。
※各分量は上記材料を参照

  1. 2倍濃縮のめんつゆに水・白ワインを入れ、だしの素、みりんを加え加熱する。
    タレ
  2. 甘みをつけるために黒砂糖を入れ、割りしたが完成。
    割りした
  3. 完成した割りしたで玉ねぎを5分間煮込む(弱火)。
    玉ねぎの煮込み
  4. 一枚一枚広げながら(しゃぶしゃぶ)のように煮る。
    牛肉の煮込み
  5. すりおろし生姜を加える。
    生姜の煮込み
  6. 白米の上に牛丼の具を盛り、汁を入れて完成。
    吉野家再現の牛丼

※上記レシピは番組終了後の改訂版を基にまとめたものです。詳細は稲垣飛鳥さんのブログで公開されています。
改訂内容は、すりおろし生姜を少々加えることと、仕上げ(お好み)で再度めんつゆ(小さじ1)を加え一晩ねかせるといった内容です。
私の場合、最後のめんつゆ追加は省いて作りました。味見して必要に応じて追加してみてくださいね。

 

再現レシピの完成度は?

厳しめに結論を言わせていただきますね。

 

これがウソのようで本当に、ご家庭でお店の味とほぼ同じものが食べられます。

 

ただ、ちょっとだけ甘めに感じたので塩を少々入れてみてもよいと思いました。もしくは砂糖の量を少し減らすとか。
あと肉質も大事。薄めのお肉が適しているので、お肉の厚みにも注意が必要です。

 

そうすれば限りなく吉野家だと思いました。これでほぼ同じになるはず。吉野家の牛丼ファンの私が言うんだから、このレシピの信ぴょう性は高いです。

 

あまりにもおいしくて、ダイエットしているのに食べ過ぎてしまいましたよ…。
稲垣飛鳥さんの味覚はおそるべし!

 

一番手軽なのは冷凍牛丼

 

上記でご紹介した材料と調理手順通りに作れば、限りなく近い吉野家の味を再現できるそうですが、こだわって材料を揃えたりするのは地味に大変。また、一枚ずつしゃぶしゃぶのようにお肉を煮込むのも手間ですね。

 

やはり冷凍牛丼の具が一番手軽に本物の味が食べられます。
興味のある方は自宅で吉野家の牛丼(冷凍牛丼の通販レビュー)をご覧ください。
吉野家 牛丼比較

 

ちなみに吉野家の冷凍牛丼の具に記載されている原材料は以下です。
原材料名:牛肉、玉ねぎ、タレ(砂糖、醤油、粉末醤油、ワイン、食塩、ソースミックス、生姜、オニオンエキス、にんにく、ホワイトペッパー)酒精、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酸味料、(一部に小麦・牛肉・大豆・りんごを含む)

このエントリーをはてなブックマークに追加

先頭へ戻る