干し芋


ふりーコンテンツ.こむ

スーパー等で購入した干し芋の商品紹介(値段や特徴など)全8品

スーパーでアルバイトしていた時に、お客様からよく「干し芋って置いてある?どこで売ってる?」と聞かれることが多かったのですが、一般的なスーパーでは青果(野菜)売り場の乾物周辺(ドライフルーツ等)で干し芋が売られているケースが多いです。
スーパーマーケットの部門配置図と干しいも売り場

 

【あさひ】干しいも スライスタイプ(スーパー)

【あさひ】干しいも(スライスタイプ)

輸入者 株式会社あさひ(岐阜県)
原産地 中国
内容量 80g
購入価格(税込) 105円(10gあたり約13円)
JANコード 4954313001147
味・特徴 比較的にお芋の味がしっかり味わえ、粉が多めの干し芋。バラつきはあるものの柔らかくしっとりした干し芋があり、美味しかった。

 

【あさひ】干しいも スティックタイプ(スーパー)

【あさひ】干しいも(スティックタイプ)

輸入者 株式会社あさひ(岐阜県)
原産地 中国
内容量 75g
購入価格(税込) 105円(10gあたり約14円)
JANコード 4954313035319
味・特徴 厚みがあるからか少しかためです。また、同シリーズのスライスタイプの方が断然美味しかった。もしかしたら、当たりはずれがあるのかもしれません。

 

【名古屋バナナ加工】ほしいも(スーパー)

【名古屋バナナ加工】ほしいも

輸入者 名古屋バナナ加工株式会社
原産地 中国(山東省)
内容量 70g
購入価格(税込) スーパーで105円(10gあたり約15円)
JANコード 4960144661221
味・特徴 ねっとりした甘みのある美味しい干し芋が入っていたり、味の薄いかためな干し芋が入っていたり、品質のバラつきが目立った。

 

【名古屋バナナ加工】ほしいも(100均)

サムネイル

輸入者 名古屋バナナ加工株式会社
原産地 中国
内容量 70g
購入価格(税込) 1袋100均で108円(10gあたり約15.4円)
JANコード 写真左(角切り):4960144661603
写真右(平切り):4960144661627
味・特徴 購入場所・パッケージデザインが異なりますが、上記で紹介した干し芋と同メーカー(名古屋バナナ加工株式会社)の干し芋です。味は同じでした。

 

【三幸食品】焼き干しいも(100均)

【三幸食品】焼き干しいも

購入店 100円ショップ(ダイソー)
輸入者 三幸食品株式会社
原産地 中国
内容量 70g
購入価格(税込) 100均で108円(10gあたり約15円)
JANコード 4973828070073
味・特徴 たしかに焼き芋の味がしますが、香り(醤油と薬品臭と醤油をかけあわせた複雑な香り)が強すぎて苦手です。食べられなくはないのですが、美味しいとは言えません。
100均で買える干し芋ですが、10gあたりの価格を比較すると値段は決して安くありません。

 

【中部流通】有機干しいも(スーパー)

【中部流通】有機干しいも

輸入者 中部流通株式会社(岐阜県)
原産地 中国
内容量 170g
購入価格(税込) スーパーで214円(10gあたり約12.5円)
JANコード 4562106602848
味・特徴 一枚一枚粉が付き甘さも安定して美味しかった。欲を言えばもう少しお芋の味が濃いめだと尚美味しいと思いました。安くて美味しいので、外国産を買うならこれが一番おすすめかも。

 

【イオン トップバリュ】オーガニックほしいも 平切り(スーパー)

【イオン】オーガニックほしいも 平切り

輸入・販売者 イオン株式会社
原産地 中国
内容量 420g
購入価格(税込) マックスバリュで537円(10gあたり約12.8円)
JANコード 4902121470815
味・特徴 国産品ではありませんが、イオンのトップバリュ製品(グリーンアイオーガニックシリーズ)ということでまだ安心感があります。
甘みはそこまでないのですが、特にクセも特徴もない素朴な味で普通評価です。ムラなく全体的に粉がついていたことがとても良かった。

 

こんがり香ばしい 焼き干しいも(ショッピングモール内雑貨店)

丸成商事 こんがり香ばしい 焼き干しいも

購入店 ヴィレッジヴァンガード
輸入 丸成商事株式会社
原産地 中国
内容量 220g
購入価格(税込) 346円(10gあたり約15.7円)
JANコード 4902855010486
味・特徴 以前ダイソーで買った焼き干しいもと同系統の味。ですが、こちらの方が自然な焼き芋・干し芋の香りです。
焼き芋系干し芋の中では美味しい方だけど、また買いたいとは思えません。

 

総まとめ(味・値段・原産地など)

総合的に十分美味しかったのですが、バラつきが多く、芋が甘いというよりも、白い粉が甘いだけという商品が多い気がしました。

 

次に価格・原産地についてです。
スーパーで販売されている外国産の安価な干し芋は10gあたり14円前後の商品が多く1袋約100円~500円程度、国産品ですと約300円~600円程度の値段で売られていました。
高級スーパーは除く庶民向けスーパーでは、国内産よりも外国産の干し芋を扱っている方が割合的には多い印象です。

 

私は値段よりも美味しさ重視ですので国産派です。同じ干し芋でも外国産と国産品とでは大きな味の差があります。
味・品質が良い安心の国産品を求めるならば、ネット通販で取り寄せるのがおすすめです。

 

国産品に興味がある方は以下の記事もご覧ください。(※一部外国産も含みますが、国産品が大半)
【干し芋ランキング】通販でお取り寄せした干し芋の紹介 レビュー付き
干し芋画像まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

先頭へ戻る