冷凍餃子通販


ふりーコンテンツ.こむ

【冷凍餃子通販】イチロー餃子「神戸味噌だれ餃子」をお取り寄せしてみた

一般的に餃子というと醤油・お酢・ラー油のタレですよね。しかし、兵庫県神戸市発祥の餃子(B級グルメ)は味噌だれで食べるのだそうです。
「餃子マニアとしては一度は食べておきたい!」と言うことで、さっそく通販で取り寄せてみました。

 

注文したのは関西(兵庫県・大阪)にあるギョーザ専門店イチローというお店の神戸味噌だれ餃子です。

楽天の餃子部門ランキングでも上位にランクインする有名店です。
楽天ランクイン

 

商品レビュー

 

佐川急便の冷凍便(マイナス18℃以下で)で届きました。
ダンボール

 

冷凍餃子50個入りで税込み2,180円です。送料は無料でした。
餃子50個セット

 

もちろん味噌だれ付きですよ。
味噌だれ2袋
このように2回に分けて食べられるように小分けされています。

 

原材料等の食品表示ラベルには以下のように書かれています。
食品表示ラベル
国産の材料を使い、イチロー餃子が作られていることが分かりますね。
到着日から約3カ月半の賞味期限がありました。

 

上手に餃子を焼くための手引書もついていたので、その通りやってみました。そのやり方は以下参照。

 

イチロー餃子の焼き方レシピ

 

まずはフライパンにサラダ油・ゴマ油を引く。
フライパン×油

 

一旦火を止めて餃子を並べます。
焼く前の並んだ餃子

 

餃子の3分の1まで水を入れ、蓋をして強火で5~6分加熱します。この間、蒸し焼きのような感じですね。
水に浸かった餃子
蒸し焼きガラス蓋

 

ガラス蓋を取った直後は皮がモチモチのような感じです。
餃子の蒸し焼き状態
後は水分を飛ばすように焦げ目がつくまで焼けば完成です。
イチロー餃子の焼き上がり
家で餃子を作ると皮と皮がくっついてしまい餃子の餡がこぼれ身崩れしてしまうことばかりなんですが、イチロー餃子は全て完璧に焼くことが出来ました。

 

ではさっそく実食。

 

お味の感想

 

冷凍された味噌だれを解凍後、お皿に移し、焼いた餃子に付けて食べてみました。
餃子×味噌だれ
これはうまい。最初は「味噌ダレなので、途中でくどさを感じるんじゃないか?」と想像していましたが、実際に食べてみたらこれが最後までサッパリ食べられるんですよ。酸味もコクも濃厚さもある。
味噌だれと言ってもドロドロしすぎていないのも良い点であり、コレ本当にハマりますよ。食べてみれば分かりますけど中毒性あり。それこそ別売りの味噌だれが売られていたのでそれも買っておけばと良かったなー。
味噌だれ
この味、ビールとの相性も抜群ですからね!

 

焼いた表面の皮は、程よくパリパリで、餃子の餡は野菜の触感も味わえます。あえて表現するならば味噌ダレと相まって「この味わいは若干味噌ラーメンのような」と思いましたね。

 

これならば、餃子好きな方へのギフト・プレゼントにもおすすめできますね。

 

誰でも簡単に調理ができて、保存もできて、おいしくて最高の餃子でした。今度は神戸まで行って本場の味噌だれ餃子を食べてみたいなー。

 

楽天市場 販売ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

先頭へ戻る